昨日見た夢の話

 すげーどうでもいい話なんだけどなんか書いておきたくなった。

 

 夢の中で、私は関ジャニ∞のコンサート会場に向かっていた。この期に及んでホール規模のツアーを行う彼らに内心「ふざけんなよ~~~この~~」と思いながらも、かつての47都道府県ツアーを懐かしんで少し微笑んだりしながら。会場に着き、さほど混んでいない入場列を経て、持ち物チェック、チケットのもぎりを済ませた。階段をのぼって二階からホールに入ろうと思っていた私の前に、いきなりジャニーズWEST重岡大毅が現れた。えっ。フラッグ振ってるジュニアの前で踊ってる。どうやらオープニングアクトのためにジャニストが来てるらしい。えっデビュー組が? スケジュール調整どうなっとんじゃ? オープニングアクトってホールに入る前の通路でやるもんだったっけ? まあ細かいことは気にしない。ホールに入る前にトイレに行っておこう。そこで事件が起きた。同じようなバッグを持っている人が、間違えて私のバッグを持って行ってしまったのだ。夢だからその経緯とか全く描写されてない。いきなりすり替わっててびっくりした。うわやべえ、と思ったのも束の間。違うバッグだと気付いた若いお嬢さん(かわいい)が、トイレの前でうろうろする私の前に現れ、無事にお互いのバッグを取り返すことができたのです。

 その後、肝心のコンサート場面ははしょられ(なんでだよ!!!!!!!!!見せろよ!!!!!!!!!!!!!脳!!!!!!!)私は終演後にとあるブログを見つけます。そのブログには「間違えておばさんのバッグ持ってきちゃった! ポーチの中プチプラばっかやねんけど笑 うける」と「ジャニヲタ他人のポーチ出し」が行われていたのです。ふっざけ!!!! お前!!!! 確かに90%プチプラだけどお前フューチャリズムとココシャインのボーイっていう、なけなしのデパコスをスルーするんじゃねえ!!!!!!!

 うわっ…うわっ…ってなってるうちに目が覚めた。そこでかよ! なんかこうスカッさせてくれんか。夢の中のコンサート見たかったし…もう…踏んだり蹴ったりすぎてめちゃくちゃもやもやしたのでその日はチーズフォンデュで己を慰めました(体に塗りたくってそうな文面)。

エイトコール速すぎ問題&物販列形成問題

 先日行われた関ジャニ's エイターテインメントジャム札幌公演に行ってきました! もうね~~~ここ数年で一番楽しかったかも! って感じでした。応援してるものの楽しい流れに乗れるってのは幸せだなぁ!

 

 と思いつつ、アンコールの催促である「エイトコール」にも微力ながら参加していたわけですが。はっっっっっっっっっやい! いやマジでちょっともうはや、速すぎ…ってなった。

 ちなみにTwitterでとってみたアンケートの結果はこんな感じ。

 これ「いつからのファンか」によってまた答えが違うかもな~。というのも、10年くらい前のエイトコールが「エイト エイト エイト エイト」って感じなら、今のエイトコールは「エイトエイトエイトエイトエイトエイト」って感じ。速い、そして隙間がない。空間を、休符を、余裕をくれ。油断してるとエスカレーターに乗るタイミングを逃しまくるタイプの私、焦る。そして息が続かないので裏打ちでの参加となる。ッエイトッエイトっつって。なんのリズムだよ。休符のクセが強いんじゃ。そんな感じで、時の経過と共にどんどん速くなってる傾向にあるわけですね。

 Twitterでよくあるじゃないですか、プリクラアイコンのエイターさんの「エイトコール参加してないおばさん多すぎんねんけど。ほんまなんのために来とんねん。それでもエイターか」的な発言。もう見るからに若くてパワフルであろうなという年代の方によるお怒りの声。

 でもね、おばさんからも言わせてほしい。全年代への参加を促すのであれば、ちょっとテンポ落としてみない…? そしたら参加者も増えて声がおっきくなって、ハッピ~~~~♡ っていうのは安直すぎる考えでしょうか。プリクラアイコン世代と思われるお嬢さんが近くにいたんですけど、その人達でもちょっとつらそうだったんだよね。そんなレベルで行われるコールにおばさん世代がついていけるか、つったらそこはだいたいNOってなるわけで。

 あ、前もって言っとくけど「じゃあおばさんはコンサート来るなよw」っていうのは将来の自分への呪いになるからね! やめておこうね!!!

 

 それともうひとつ、物販列について。だいたいこう「○列でお並びくださ~い」って感じで列形成されるじゃないですか。4列とか5列とかで。そうやって決められた列数で並んでるとき「どうしても友達と隣に立ちたいの」精神を迸らせる人達、いるよね。隣にいないとおしゃべりできないの、的な。みんな4列で並んでるのに、そこだけ5列になってる的な。んでその後ろが5列形成だと勘違いして、なんかグチャグチャした列になってる的な。

 前後に並んでてもおしゃべりはできるぞ、なんなら私は斜めに位置してても平気でしゃべるぞ。自分本位な行動で後ろの人達に迷惑をかけないように気を付けましょうよ~。人が密集する物販列で思いっきりスプレーぶっ放してた人もね~~。

 

 以上、コンサート本番以外の気になったことでした。

俺節について

 先日無事に全公演を終えた舞台「俺節」について、前置きなしに見終わってから思ったことなどをつらつらと~。

 

 北野先生、戌亥社長、テレサの台詞「客は歌い手の中に自分を感じるんだ」「板の上で見世物になる人間には隙間が必要だ」「コージは、コージと私でコージなの」これって全部つながっているんだな、と思いました。

 テレサと気持ちを通わせる前のコージは、あがり症ゆえに歌おうとしても途中で詰まってしまう。それでも気持ちを絞り出すように歌う声は心を震わせた。テレサという「手に入らない存在」を強く求めているからこそ。でも、テレサと一緒にいられるようになって、人前で普通に歌えるようになったコージの歌はどこかドライな感じだった。心みたいなものが感じられなくて「うまいけど、こなしているだけ」みたいな。オキナワを失い、テレサを失い、暗い部屋で歌った引っ越しの歌は「久しぶりに、コージが『歌って』いる」って思わされる。失ってしまったものを強く追い求めているからだ。ブーイングを受けながらアイドルの前座をこなして、帰ろうとしたコージの前にテレサが現れた。その途端にコージの歌に魂がこもる。故郷へと帰るテレサに送る歌は、今までのどの曲よりも強い力を持って、さっきまでブーイングしていたアイドルのファンまで黙らせた。曲の最後、テレサは飛行機に乗るため会場を去ってしまう。いなくなるテレサを求めて、求めて、コージは叫ぶように最後のフレーズを絞り出す。

 隙間だらけのコージは、何かを「求めて」歌うことで他人の心を揺さぶるんだ、と思った。何もかも満たされていてはそういう風に歌えない。相棒と恋人と、楽しく暮らしているだけでは客の中に「自分」を宿せない。コージとテレサは二人でひとつ。例え気持ちが通じ合っていても、その半身を失ったことでこれからきっと人の心に「自分」を宿していけるんじゃないか。コージの歌は本当の意味で「武器」になったんだな。って、そう思います。

 

 話題は変わるけど、テレサとコージのことを、色んな人が思わず応援してしまうの、わかるなあって思った。なんだろうなあ、いじらしいからかな…。そもそも純粋な悪人っていうキャラが少なくて、みんな愛おしいからな、そういう人達だから頑張ってる人がいると応援しちゃうのかな…。一幕最後の民衆の歌のような命くれないのシーン、ハガレンの「誰も俺たち兄弟に諦めろって言わなかったじゃないか」を思い出した。

 

 コージの気持ちの動きによる歌い分けが本当に見事で、安田章大という人間がこの舞台に立てた、この人を演じられたことが、私みたいなファンにとっては物凄い財産だなって思ってます。何度も何度も、悲しみじゃなくて気持ちが昂ぶったり、心があったかくなったりする涙を流した。やすくんだけじゃなくて、カンパニー全員を大好きになった。ほんとにほんとに、言葉では上手く言えないですけど…。できたらまた皆さんのお芝居を観たい。そう本気で思うような最高の舞台でした!!

 

 出演者の皆様、スタッフ・関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。

観劇前に「後ろめたさ」を捨てていこう

 推しグループのメンバー主演舞台について原作者の娘さんから「面白い舞台なのにチケットがジャニーズファンで瞬殺だとか」って言われてしまう今日この頃です。

 まあ、私は別にその方と戦争をしたいわけではないです。それはどうでもよくて、いまチケットを持ってるジャニオタに「後ろめたさは捨てていい」ってことを言いたいんですよ。正規手段でチケットを取った人はなーーーんにも気にせずに舞台を楽しみましょうね。実際に「ジャニオタばっかりでごめんなさい」っていうツイートたくさん見てしまったので*1そのモヤモヤは忘れていいんだよーって言いたいです。

 他の演者さんのファンクラブでも先行抽選がありましたし、それでダメだった場合の一般販売はジャニオタもそれ以外も瞬殺されてるわけで…。ファンクラブにどれだけチケットを割り振るかっていうのも、そこはジャニオタの責任ではありません。正規手段でチケットを手にした人は、皆それを楽しむ権利があります。誰が何を言おうとも。文化レベルのお高い方々に「ジャニオタには楽しめまい」と思われようが、心の底から楽しんでやればいいんですよ。無遠慮に一方的にふるいにかけられようが「私は楽しいでーす!」ってしがみついてやればいい。「誰が持つか」でチケットの価値は変わらない。

 カンパニーの雰囲気がよさそうなのが伝わってきて、いい現場なんだなぁってほっこりしてます。Twitterでは横山担としょこたん担が「えっ、普段あまり褒められない推しを(横山担が)(しょこたん担が)褒めてくれる…!」みたいな流れもあったりして、ふかした芋よりホクホクした顔になってしまいました。そういう爽やかな空気の中で作られたもの、うきうきした雰囲気がドキドキに変わる劇場の中で観るもの、それを味わうためにもやっぱりいらないものは捨てるのが一番。

 後ろめたさを捨てて、マナーを携えて劇場へ。もうバリッバリにゴリッゴリに、楽しんできてください。

 

 追記)シアターコクーンは電波がないから待ち合わせとかに気を付けるんやで

*1:特に若い子がショック受けてた感じ。

世界で二番目に好きな男の一人舞台を観てきたよ

 春は我慢の季節。毎年、この時期はいつもそんなフレーズを頭の中に置いて生きてきた。ジャニーズで、いや世界で二番目に好きな男が一人舞台をやる季節なわけだけども、私はいわゆる「他担」という存在だからだ。世界で一番好きな男かつ自担と呼ぶ存在は安田章大だけであって、あくまでも村上信五ではないのだ。たとえ世界で二番目に好きな男であろうとも。

 というわけでまあ、単純に遠慮していた。「なんで一人舞台に他担が来るわけ?」という視線は常に存在している。だいたいは「なんで村上くんをバカにする他担が一人舞台に来るわけ?」という意味ではあるものの、その注釈を省く方も多いのでやっぱりちょっと気が引けてしまうところがあった。なんかわざわざ他担への愚痴をまとめているbotとかもあるので、怖いよお~~~ってなっちゃうじゃん…。

 毎年「かねださんはイフオア行かないの?」と聞かれていた。「うん、私やっぱり安田担だし…」と言うたびに「別に行ってもいいと思うけどな」とか「え? 安田担だったの?」とか言われ、後者に対して「待って?」って返したりしていた。村上担の友人が多いためにヒナちゃんの話が増える→ツイートもそうなっていく→外から見てた人に「えっ安田担だったんですかw」って言われる案件が発生 みたいな…。

 そういうことはありつつもまあ結局、これからもずっと変な引け目みたいなものを感じながら、私は彼の一人舞台に足を運ばないんだろうな~……と思っていたのだった。

 でも村上担複数人に長年じりじりと背中を押され続けているうち、今年ついにツルっと清水の舞台から落ちてしまった、みたいな。清水の舞台から落ちて高槻の舞台にいた、みたいな。いや会場新大久保だけど…。

 友達が一緒に行きましょうって言ってくれて、どうにかチケットもとれて、一公演だけ見れることになった。部屋でゴロゴロしてる時に友達から当選報告LINEが来て思わずスマホ投げた。下手投げだった。ガラスフィルムがバッキバキにバキりまくった。

 初めてのイフオアという自体に動揺し続けているうち、ヒナちゃんが舞台上から見える服の色を気にしているということを知った。やばい。私のクローゼットには紫の服がない。忙しくて買い物に行く時間がなかったので、慌ててzozotownでラベンダーのカーディガンをポチった。別に本人から見えなくたっていいって思いながらナスのイヤリングをつけた。本人からの視線を気にしてんのか気にしてないのかどっちなんだよ。完全な情緒不安定だった。

 

 そんな段階を踏みつつ、ついに3月9日、私は東京グローブ座に足を踏み入れた。感想をとりあえず一言で言うね。

楽しいけど意味がわかんねえ

べらぼうにスタイルがいい

顔がかわいい

 三言になった。

 いやもうほんと「えっこういうこともやるの~!?おもしろ~い!!!けどよくわかんない!!!!」と「いやちょっと脚が長すぎるだろ」と「いや~~~~~~~~~~~~~~顔面がかわいいよねえええ~~~~~~~~~~~」がガッスガスに交錯したからしょうがない。

 ヒナちゃんが考えたことを色々やっている、っていうさまを直接見れるあの空間、たまらないですね…。若干の叫び厨もいたんですけど、全体的に観客もほんわりした空気なのがまたよかった。あ~~~変に意地張ってないでもっと早く来ればよかった!!!!!!

 まだ公演残ってるのでネタバレは避けますが、本人も言ってた通り好き勝手やりまくった結果内容がほぼなくって、見たあと頭スッカラカンになってしまった。ジャニーズの現場でここまでの知能指数デトックスを経験したのは初めてだよ…。

 

 カテコもさ、なんかこう本編中とは違う「うわ近っ!」って感覚を得られるよね。二階席からでもめっちゃ近い…。しゃべくり出演について「俺ゲスト下手くそやから」って言いながら手首のあたりカリカリ掻いてて、ああ落ち着きなくなってる~~~って心の中で貧乏揺すりした。私もじゅうぶん落ち着きがない。

 最近お気に入りの焼き肉屋を語るとき「おしゃれグラス」って言いながら、手でまあるいグラスの形を作って見せるとことかもう…非常にかわいかった。

 しゃべくり出演が発表された瞬間の客席のヒョ↓↓アエ~~~↑↑みたいな奇声おもしろかった(他人事のように)。

 

 いや~もう何よりあれね「今の村上信五が考えて作ったもの」っていう受け取り方、レポ見てるだけの時と生とでは全然違う! いっつもレポを読んでは「この人いつも『僕には何もないので』とか言ってるけど、イフオアレポ見てる限りではじゅうぶんにわけがわからないぞ、非凡だぞ」って思ってたんですけど、生で見たことで更にその思いは強くなりました。ひなちゃん!!! あなたじゅうぶん変だよ~~!!!!! だがそこがよい。

 できたら来年もまた、生で見たあとに同じ事を感じたいな~と思うので、休み調整が簡単に行えるようになるため職場で地位を上げられるように頑張ります!!!! 常日頃の頑張りで職場を殴るぞ!!!!!!

担続宣言

 ふと「担降り宣言があるなら、担降りしません宣言もありじゃない?」と思ったのでキーボードを叩くことにする。ジャニオタであるからには、一度はポエムに満ちたブログを書いてみたいなという願望があったのかもしれない。

 

 私とジャニーズの出会いとは、何だろうか。そんな些細な疑問の答えも出ないほど、遠くで漂っている存在だったように思う。関ジャニ∞のメンバーを認識したのは、当時ジャニーズJr.が出演していたゴールデン番組だったはずだ。アイドルよりも漫画派だった私は、深入りすることのないまま時を過ごしていた。そんな私をここまでズブズブを引きずり込んだ関ジャニ∞とは、いったい何なのだろう。

 関ジャニ∞はかっこいい。かっこいいのは別に関ジャニ∞だけじゃない。関ジャニ∞はかわいい。かわいいのは別に関ジャニ∞だけじゃない。関ジャニ∞はジャニーズとは思えないほど体を張っている。いや、最近は後輩も先輩もすごいぞ。

 それではいったい、なぜ? その答えを、一つの歌に見つけた気がする。

 

 先日まで行われていた関ジャニ∞のツアー。そこで披露されていた楽曲。元々はCDの特典映像として収録されたセッションで演奏されていたナンバーだ。作曲した錦戸亮がいかにも好みそうなフレーズの繰り返し。洒落ているな、と思った。しかしそこに歌詞が乗ることによって、大きな変貌を遂げたのだった。

 アップテンポなリズムを刻みながら「上から見るなや、こっちだって必死なんじゃ」とアイドルが揶揄されることに対する心の内のような声や「ここじゃ皆、強がり」「見栄っ張りの集まり」といった東京に対する拗くれた思いがぶつけられていく。「I don't like you Tokyo!!!!」そんながなるような歌声が東京ドームに響いた。ここでそんな歌を歌っていいんだろうか…と思っているうちに、歌詞は少しずつ変化してゆく。東京で感じる月明かりに涙を零し、ここはまだ始まりなんだという気持ちを噛みしめ、最後には「I can't hate you Tokyo!!!」と叫ぶ。

 

 エッッッッッッッッッモ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 取り乱しました。

 関西で生まれ、関西で育ち、東京を主戦場として生きるアイドル。上を見ればキリがなく、下からの突き上げも絶えない。アイドルだから、と見下されることも多いんだろう。応援しているジャニオタだって見下されるんだから、本人たちだってきっと。

 この歌があったって、そういう目線は無くならないだろう。ただ、それでも、私はこの曲を聞いて安心したのだ。私はきっとこういう関ジャニ∞が好きだった。そして、それを再確認することができた。SNSの普及により、本当か嘘かわからない情報も増えたけど、今の私は「オタクとして確かなものを手に入れたからには、変な情報は鼻で笑って大喜利のネタにしちゃるわ」という思いでいる。この曲に感じたものがある限り、私はきっとこのグループを愛することをやめられないだろう。きっとこの人達のこういう所が大嫌いな人もいるんだろうな、とか思いながら。

 私をそんな気持ちにしたTokyoholicが収録される「なぐりガキBEAT(通常盤)」は1月25日発売です。

なぐりガキBEAT(通常盤)

なぐりガキBEAT(通常盤)

 

 

 宣伝でした!!!!!

超個人的・関ジャニ∞出演ドラマ11選

 私はこのドラマが好きです!これ見ると魅力が増すと思います!みたいな感じでおすすめしたいドラマを並べてみました。

 

前提条件

  1. 書いてる人の住んでる県にフジテレビ・東京テレビ系列局がないため色々とかわいそう
  2. 全ドラマ全話チェックしているわけではない
  3. あくまでも私個人が独断と偏見で選んだものである
  4. アフィは仕込んでないはず
  5. 語彙とは投げ捨てるもの

 

横山裕出演ドラマ

左目探偵EYE DVD-BOX

左目探偵EYE DVD-BOX

 
  • とにかく横山裕の見た目の美が押し寄せてくる
  • 山田涼介も幼いながら美しい
  • 兄弟配役に納得したうえで「えっこの二人誕生日一緒なんだ…!?」という運命じみた何かを感じられる
  • 片頬を上げたククッという笑い方を堪能しまくれる
  • 夢人さんの (^レ^ )あいのすけぇwwwwww みたいな煽りスキルの高さを楽しめる
  • お兄ちゃん楽しそうだよお兄ちゃん(五七五)
  • 警官やら学生やら白衣に眼帯やら色んなコスプレしてて日テレさんレベル高いっすわ~~! 敵わんスわ~~~!!!
  • 俺たちの石原さとみがもう既にかわいい

 

拝啓、父上様 DVD-BOX

拝啓、父上様 DVD-BOX

 
  • 出所直後の元ヤンが料亭で働くことになり…という役どころ
  • IQと学力が乏しそうだけど食欲はすごそうみたいな所がマジでいい
  • 肉まん食べてるシーンが共食いみたいで爆裂カワイイ
  • 唇ぽってり体ぽっちゃり時夫ちゃんです!!!!
  • ニノに対してめっちゃお兄ちゃんお兄ちゃん言うので何らかのフェチ心が満たせたり目覚めたりしがちだと思う
  • 肌質が若すぎる二宮和也横山裕の共演
  • 私の大好きな福田沙紀ちゃんが出ている!!!!!!

渋谷すばる出演ドラマ

  • ダブル(複体)のお渋谷おすばるさん
  • ロン毛
  • ピアニスト役
  • ロン毛のピアニスト役
  • ロン毛のピアニスト役だよ?? 見るしかなくない???
  • マネージャー役はマルちゃん
  • 眠そうでチャラい大倉もチラっと出る
  • 機嫌が悪そうな表情が多くてその道のフェチにはたまらなさそう(他人事のように言う)
  • タイトルからなんとなく察する展開があり「なんだよ!!!一人くれよ!!!!」と言いたくなること間違いなし
  • 神経質そうなロン毛のピアニストをとにかく見てくれ
  • このビジュアルと設定を前にしてちゃんとしたコメントとか無理です
  • ダブルを見ようとしてこれを買うとドラマ3つとメイキングが見れるから実質無料のようなものでは???

村上信五出演ドラマ

24 HOUR TELEVISION スペシャルドラマ2011「生きてるだけで なんくるないさ」 [DVD]
 
  • 24時間テレビにおけるドラマ主演を果たした作品
  • 学生時代からの付き合いの奥さんと、その間に生まれた娘と暮らすパパが病気と闘うお話
  • なんでこんな次から次へと…とやるせない気持ちになる
  • しかし子持ち役にウーーーーーーー!! ヨッシャ!!!!!!!!!!!! と下から突き上げるようにガッツポ
  • 親友役:渋谷すばる(安定)
  • 他のメンバーも友情出演してるんだけど、既婚者・子持ちの役どころで子供抱いてたりする
  • 合法的にみんなの子持ち姿を楽しめるんだ!!!!!!!
  • 学生時代の回想シーンの髪型で「なんで頭に金色のクナイがいっぱい刺さってるん?」と思った記憶
  • 後にハクション大魔王でも共演する渡邉このみちゃんとの初共演作品である
  • ドラマの元になった本を書いた方が亡くなられたニュースと、ひなちゃんが煙草を止めたことに何か関係はあるのだろうか…ということをずっと考え続けている

 

丸山隆平出演ドラマ

「泣くな、はらちゃん」DVD-BOX

「泣くな、はらちゃん」DVD-BOX

 
  • 長瀬ベイベ主演ドラマ
  • 漫画から飛び出した「はらちゃん」の友達となる「田中くん」役
  • 人畜無害ないい人っぽいけど女の子の気持ちに鈍感だったりする
  • 恋したり恋されたりする姿たまんね~な~~~~~!!!!!
  • 柔軟性がある役をホワホワと演じていて、ファンタジー色の強い作品に溶け込んでます
  • マルちゃん抜きにしてもいいドラマなのに、マルちゃんが出ていることでハイパードチャクソめちゃくちゃ最高なドラマになっているぞ
  • 「あなたが笑えば、世界は輝くんです」オタク心に響く言葉である

 

ボーイズ・オン・ザ・ラン DVD-BOX

ボーイズ・オン・ザ・ラン DVD-BOX

 
  • 童貞役だぞ!!!!!
  • 1話から!!!ケツがお目見え!!!!!!!!!
  • 男にも女にもブンブンぶん回されててかわいそかわいい
  • 真田丸で好演してた浦上晟周くんも出ているぞ!
  • サンシャイン丸山に感謝のメールをよこした斎藤工と、このとき共演してます
  • かっこ悪かったアイツがこんなにカッコ良…いや、やっぱりカッコ悪いな? みたいなさじ加減は必見

 

安田章大出演ドラマ

もう誘拐なんてしない Blu-ray特別版

もう誘拐なんてしない Blu-ray特別版

 
  • とにかくアホなチンピラ役
  • でっかいチンピラとちっちゃいチンピラコンビのちっちゃい方
  • 金髪
  • 金髪
  • 金髪チンピラスーツ
  • とにかく見て
  • 私はこのドラマで貶し愛を脱しデレデレのモンペオタと化しました

 

夜行観覧車 Blu-ray BOX

夜行観覧車 Blu-ray BOX

 
  • 石田ゆり子さん、田中哲司さんの息子で宮﨑香蓮ちゃん、中川大志くんのお兄ちゃん役
  • 医大に通うエリート大学生
  • 誰が犯人なのか、グルグルと様々な事実が入り乱れるサスペンスの中にあって、こいつはどっちなんだろう…とハラハラさせる登場人物の中のひとり
  • メガネ
  • メガネ…!
  • 中川大志くんとの電話のシーンは見ないと損なので必修科目とする
  • いやお願いだから見て…
  • あの声色を知らずにいるなんてとんでもないことです
  • ちなみにスキャナーでも共演した杉咲花ちゃん、宮迫さんとこのドラマで共演してるぞ!

 

錦戸亮出演ドラマ

ジョーカー 許されざる捜査官 DVD-BOX

ジョーカー 許されざる捜査官 DVD-BOX

 
  • 元々堺オタだった私が発表の時点で発狂したドラマという私情からセレクト
  • 堺雅人演じる刑事と関わっていくことになるチャラい鑑識官役
  • 焼けた肌! ルーズに着こなした鑑識の制服!
  • と思いきやどこか陰がある…?
  • 中二精神が好きな人は見よう
  • そしてキメ台詞を真似しよう
  • 堺雅人がフカフカした体型である とてもよい
  • 亮ちゃんが杏ちゃんよりだいぶ小さくてかわいい
  • ミニチュアピンシャーがキャンキャン言うとるでハハハかわええのう的なかわいさ
  • 犯人役の皆様の「ヨッシャ!! やったるで!!!!」的な悪役演技が心の底から最の高

大倉忠義出演ドラマ

ROMES 空港防御システム [DVD]

ROMES 空港防御システム [DVD]

 
  • やすくんと一緒に出たドラマです
  • 犬を連れた若き天才成嶋と、彼からのちのち犬扱いされる警備チームの一員砂村を大倉・安田が演じます
  • 人類は、痩せてモフモフヘアの大倉忠義のビジュアル力(ビジュアルぢから)の強さを知る…
  • ていうか大倉もわりかし犬みたいだから実質犬だらけのドラマだよね
  • アホな役やる大倉もいいけど、頭の良い変人やらせるとこれもまた最高なんだな
  • システムと大切な人以外に執着しない人の変化を味わおう
  • 川村ゆきえちゃんがバリかわいいぞ
  • 杉浦太陽(メガネ)が出てるぞーーーーーッ
  • あからさまな番宣熱愛スクープを初体験してヒョってなった思い出
歌姫 DVD-BOX

歌姫 DVD-BOX

 
  • 長瀬ベイベ主演ドラマ
  • 子分的ポジションで皆からいじられる愛されキャラ、ジェームスくん役
  • 個人的にハマり役ベスト5に入ると思ってる
  • ほんとかわいい
  • リーゼントで赤い服着て昭和の土佐で生きている
  • そう 土佐なの
  • 方言なの
  • そんなんずるいだろ?
  • なんで視聴率が悪かったのかわからない、そんなあたたかく切ないドラマのひとつ

 

  以上です!! お疲れ様でした!!!!